スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田城

 田原城を見学の後、長篠城のある新城市へ向かうため元来た道を戻りました。
 その道すがら、豊橋まで来たので吉田城に寄っていくことに。城跡は現在、豊橋公園になっています。

 吉田城

 吉田城は永正2年(1505年)、牧野氏がその前身である今橋城を築いたことに始まるという。
 後に徳川家康が三河を統一した際に酒井忠次を配置し、天正18年(1590年)の家康関東移封により池田輝政(1565~1613年)が入城して、大規模な城と城下町の整備拡張を行ったということです。
 江戸時代以後は、竹谷松平、深溝松平、水野(沼津より)、水野(山形より)、小笠原、久世、牧野、大河内松平、本庄松平、大河内松平(再封)と、譜代大名の頻繁な国替えがありました。
 上の写真は昭和29年(1954年)に復興された「鉄櫓」(くろがねやぐら)です。
 吉田城は江戸時代に描かれた城の絵図などが残っていて、先日二川宿の資料館で見た展示にもありました。

 櫓からは豊川・朝倉川が見え、とても眺めが良いです。いわば、「背水の陣」ならぬ「背水の城」とでも言いましょうか。二つの川を背に、本丸を基点とし、二の丸、三の丸を配した半輪郭式の縄張りというところにこの城の特徴があります。
DSCF3403.jpg

 あまり時間がなかったので、城内を駆け足で歩いてみましたが、空堀みたいのがありました。
DSCF3388.jpg

 石垣も残っていました。石垣に使用された花崗岩は、名古屋城築城の折の残石を転用したんだとか。
 そのため、石垣の石には名古屋城造成に関わった大名の刻印が認められ、これまでに60種類の刻印が見つかっているということです。

DSCF3414.jpg

 明治以後は、この地に陸軍の歩兵連隊が駐屯していました。
 城内には、なぜか日本武尊?の像がありました。

DSCF3386.jpg

★いつも応援してくださる方、どうも有難うございます。★
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ     人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。