スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庶民の旅の宿は・・・

 先日は大名などの貴人が逗留する宿となる「本陣」を紹介しましたが、その隣には庶民のための宿である旅籠があります。
 屋号を「清明屋」詳しいことはこちら)といい、江戸時代後期から明治時代まで倉橋家が営んでいました。本陣の東隣にありました。

DSCF3036.jpg


 当時の宿の様子が復元されています。下の写真は食事の場面。一泊二食付きで、一汁二菜か、三菜だったそうです。
 DSCF3023.jpg

 狭いですが、お風呂も。本陣の方のお風呂は予め沸かしておいた湯を汲み入れる方式だったそうですが、こちらの方は炊く方式だった。当時の人も、一風呂浴びて、旅の疲れを癒したことでしょう。

DSCF3028.jpg

 母屋のお座敷です。大名行列の際は、家老などがこちらに泊まったということです。
 DSCF3039.jpg

 旅籠は、混んでいる時などは相部屋だったそうですね。しかも、男女関係なしだったとか。寝る時は、枕屏風というのか、あの衝立みたいので仕切ったようですが。
 近代以前では、お風呂も混浴でしたし、今より男女の別は気にならなかったらしいですが、若い女の子だったら変なオヤジと相部屋にはなりたくねーですね(笑) 逆にあつかましいオバサン連中がいたら、男の人も肩身が狭かったかも。
 つい、当時をいろいろと想像してしまいました(笑)

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ    人気ブログランキングへ



 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。