スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二川宿本陣

二川宿外観

 資料館で企画展を見たあと、併設されている二川宿本陣を見学しました。
 館内の説明によると、文化4年(1807)から明治3年(1870)まで馬場家というお宅が本陣職を務めており、ここはその遺構を改修復元したものだということです。
 東海道で本陣が残っているのは、この二川と草津宿とたった二箇所だけだというので、貴重です。
 大名の参勤交代や公家などが宿泊、休憩しましたが、二川宿本陣の場合、割合としては休憩が一番多かったとのこと。

二川宿本陣玄関

 玄関を入ると式台があります。

 上段の間

 「上段の間」ここに逗留した大名がお休みになります。格式が感じられる。
 
中庭

 中庭もきちんと整えられていました。

上湯殿

「上湯殿」もちろん、お殿様専用。このほか、二箇所に湯殿があったそうです。そちらは家臣用ですかね。

本陣内部

 本陣の中はけっこう部屋数も多く、広々としています。

 板の間

 街道に面して主屋の板の間があります。ここには荷物を直接運び入れたという。
 ちょっと見にくいですが、駕籠が置いてありました。

 抹茶サービス

 座敷の一室で抹茶(お菓子付き)をいただけます。一人300円。
 晴れて暑い日だったので、冷抹茶をお願いしました。風通しがよく、自然の涼風が入ってきました。

 ※二川宿本陣に関する詳細ページはこちら


                            つづく

☆最近、順位が下がり気味なので、ぜひ応援をお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。