スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別公開 額田城に届いた伊達政宗の「密書」 (那珂市歴史民俗資料館)

 ※現在、新居への引っ越しのためなかなかブログ更新できない状況となっております。ご了承ください。

 
 茨城県那珂市にある那珂市歴史民俗資料館では、
 「特別公開 額田城に届いた伊達政宗の『密書』」を開催中です。(明日12日まで)

 那珂市歴史民俗資料館

 額田城に届いた伊達政宗の「密書」


 【展示趣旨】
 この文書は東日本大震災おいて被災したひたちなか市の商家から茨城史料ネット(茨城大学内)の文化財救済作業中に発見されました。歴史的大発見ともいえるこの資料は全部で5通あり、伊達政宗が額田城主小野崎照通に送った密書とも呼べる書状も含まれています。個人所有のため、今回特別に所有者のご厚意と茨城史料ネットとの協力により当館で公開展示できることとなりました。
 この機会に、歴史上澄明な人物と郷土那珂市とのかかわりについて知っていただき、郷土の歴史と文化財保護の大切さを再認識する機会になればと思います。



 
 ひたちなか市にお住まいのKさん宅が2011年の東日本大震災で被災し、土蔵が壊れてしまったため、ご家族で土蔵の中にある物を整理していたところ、古文書を発見しました。

 さっそくKさんのご子息が調べてみたところ、どうも文書に記された花押(いわゆる“鶺鴒の花押”ですね)が戦国大名、伊達政宗のものに酷似していたため、茨城県内で被災した文化財・歴史資料の保全活動を行っている「茨城史料ネット」へ連絡して調査してもらったところ、政宗に関連した文書が5点確認されたそうです。

  伊達政宗銅像2

 
 5点の文書のうち一点は、政宗が常陸の佐竹氏の勢力下にいた額田城主・小野崎彦三郎昭通に送った「起請文」であり、昭通に内通を誘う内容となっており、いわば「密書」ともいえるべき文書であることがわかりました。
 政宗は天正17年6月の「摺上原合戦」にて会津の葦名義広を破った後、自らの縁戚でもある常陸の佐竹氏攻略を目指しており、その準備の一環としてこの文書は位置づけられます。
 しかし、政宗の常陸攻めは頓挫してしまい、それによってこの文書も歴史の波に埋もれてしまったそうです。

 小野崎昭通は後に政宗の婿である松平忠輝に仕官し、忠輝改易後は「額田氏」を名乗り水戸徳川家に仕官。子孫は代々水戸徳川家に仕えました。
 しかし、幕末水戸藩内の抗争に巻き込まれ、保守門閥派の「諸生党」に与したため、維新後「諸生党」は壊滅させられたため家が没落し、家に伝わる文書を手放さざるをえなかった模様で、それを後に裕福な商家を営んでいたKさんの祖父が購入し、現在まで秘蔵していたそうです。

 今回、Kさんのご好意により実現した新出史料の展示で、地元では注目の話題となっております。

 私も引っ越し作業中でそれどころではなかったのですが、門外不出の新出史料ということを聞き、去る5月3日に見にいってきました。
 東京からレンタカーを借りて行ったんですが、GW中のこともあり常磐道が渋滞していて、到着まで4時間以上もかかってしまい、グッタリでした(泣)
 近くに額田城跡もあると聞きましたが、いかんせん時間切れ。また別の機会に出かけてみます。
 
 展示は明日12日までですので、お近くの方はぜひ行ってみてください。



    ******************************

 同日、市内の施設で、歴史フォーラム「新発見『小野崎文書』の世界」という講演会が開催され、これにも参加してみました。

 Kさんから依頼された史料を調査した「茨城史料ネット」の高橋修・茨城大学教授。
 震災後、茨城県内における文化財レスキュー活動を指揮しておられます。
 フォーラム「小野崎文書の世界」

 今回発見された政宗の「密書」をはじめ、文書に関する詳しい話を興味深く拝聴しました。今回の文書は、政宗の書状の中でも秘匿性が高いものだという話でした。

 会場はほぼ満席で、地元の方々をはじめ、多くの歴史ファンが集い、しばし戦国ロマンに浸りました。政宗関係ということで、宮城県から来た方がたもいたようです。

 東日本大震災で多くの文化財、歴史資料が被害に遭い、津波で流されたり、処分されてしまい失われたものも多い中、ひたちなか市Kさんご家族の機転により、このような貴重な史料発見につながったことは大変喜ばしいことだと思います。
 
 このように、お宅に古文書等をお持ちの方は、こういう隠れた「お宝」が存在する場合がありますので、できれば平時からお住まいの自治体の博物館や、大学等の研究機関に一度相談することをお勧めします。
 



 参考サイト 茨城史料ネット

 

 
 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

婆裟羅たちの武装(土浦市立博物館)[後]

 婆裟羅たちの武装(土浦市立博物館)[前] のつづき

 茨城県土浦市にある土浦市立博物館で開催中(5月6日まで)の特別展「婆裟羅たちの武装」ですが、前述したように人気ゲームソフト「戦国BASARA」(株式会社カプコン)とのコラボ企画となっており、関連イベントが実施されました。

 土浦市内の観光施設にスタンプ台が設置され、5つスタンプを集めるごとに、「戦国BASARA」イラスト入りクリアケースをゲット出来るというものです。
 どうやら、お子さん向けのイベントという印象でしたが、年甲斐もなく参加してしまいました。(´・ω・`)

 土浦駅東口観光物産案内所「きらら館」
 ここで、市立博物館の入場券を購入しますとスタンプ台紙を一緒にもらえます。スタンプ台の脇にはゲームキャラクター「立花宗茂」のパネルが。
 戦国BASARAスタンプラリー1


 JR土浦駅構内だけで3つスタンプをゲット。その後、博物館への道すがら協賛小売店の店先に設置されたスタンプを押印していきます。

 ホテル・ベルズイン土浦にて (「島津義弘」のパネル)
 戦国BASARAスタンプラリー2


 天ぷら屋「ほたて」にて (「小早川秀秋」の手描きイラスト)
 戦国BASARAスタンプラリー3

 
          ・・・・(中略)・・・・


 そして、全部で15か所のスタンプを集め、博物館前の引換所にて「春・夏・秋」バージョン3種類のクリアファイルを頂けました。(3月下旬撮影)
 戦国BASARAスタンプラリー4

 戦国BASARAスタンプラリー6


 多くの人々がスタンプラリーに参加したため、あっという間にはけてしまったとのこと。
 その後、追加企画として「冬」バージョンのクリアファイル配布を始めました。(4月末撮影)
 戦国BASARAスタンプラリー5


 途中でスタンプラリー参加者にすれ違いましたが、ほとんどが小学生くらいのお子さん連れのファミリーでしたが、高校生・大学生くらいの方、ご年配の世代の姿もお見かけしました。



     *************************


 一方、博物館内では「戦国BASARA」キャラクターのパネルと記念撮影できるスペースが設けられ、ちょうど春休み中ということもあって、こちらも親子連れで混み合っていました。
 婆裟羅たちの武装5

 兜を着けて、ハイポーズ!
 婆裟羅たちの武装6

 展示ホールではキャラクターイラストを展示。「腐女子」?っぽい女の子たちが熱心に見入っていました。
 婆裟羅たちの武装7



 【個人的な感想】

 自治体の博物館がゲーム会社とこのようなコラボ企画を開催するというのは非常に珍しいと思います。今回の場合、この新しい試みが功を奏し、すでに4月の段階で入館者が2万人超えしたそうです。(同館の年間入館者数にほぼ匹敵)
 日頃、博物館には滅多に訪れない層が大挙して来られたという感じです。博物館の希望としては、若い世代がこれを機に歴史や博物館に関心を持ってほしいというところだと思います。
 ここ数年、全国の博物館を行脚してきましたが、閑古鳥が鳴いている施設も少なくない現状があり、こういった斬新な試みも一つの方策ではないかと思われます。施設側の一方通行的な趣向ではなく、来館者が何に関心があるのか、という事を意識した取り組みといいますかね。
 若い世代はやはりゲーム世代というか、私は自分に子供がいないせいもあって今のお子さんたちの趣向がわからなかったので、今回世代間ギャップを改めて感じた次第。

 ただ、私的には例年の地味めな企画というか、地元のおじいちゃんがちらほら見学しに来ているようないつもの展示のほうが落ち着いて見れたかな・・・と思いましたが(笑) 
 今回の企画が一過性に終わらないよう、今後も楽しい展示企画を期待しております。


参考サイト 土浦市立博物館
        株式会社カプコン

 
 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ   

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

婆裟羅たちの武装(土浦市立博物館) [前]

 ※現在、新居への引っ越しのためしばらくの間まめな更新ができません。ご了承ください。


 茨城県土浦市にある土浦市立博物館では現在、開館25周年記念特別展
「婆裟羅たちの武装」を開催中です。(5月6日)まで。

  婆裟羅たちの武装1


 これは株式会社カプコンと同博物館とのコラボ企画で、超人気ゲーム「戦国BASARA」に登場する名だたる戦国武将たちにまつわる甲冑や刀剣を特集しています。

 本展示は各方面で宣伝されたため、実に多くの観覧者が訪れ、すでに来館者2万人を突破したそうです。
  婆裟羅たちの武装2


 私は開催直後の3月と、4月末の前期・後期展示とも行ってきたんですが、いわゆる「ゲーム世代」のお子さん~20代くらいの若い人が多くて、本当にびっくりしました。土浦市立博物館へは何度か来ていますが、若い世代の見学者というのはほとんど見かけたことがありませんでしたので・・・。
 受付に顔見知りの職員の方がいたので聞いたところ、職員・ボランティアスタッフ総動員体制でフル回転だったそうで、嬉しい悲鳴をあげているとのこと。

 開催直後に観覧者には先着10000名限定で、下の写真のようなキャラクターのイラスト入りパンフレットを配布していました。若い世代にも親しみやすい内容となっていました。

  婆裟羅たちの武装3

 
 ところで、展示のほうですが、人気の戦国武将ゆかりの甲冑、および刀剣が主に展示されていました。
 市立博物館なので予算等限界がある中、これだけの品々を集めてきたのは事前準備を周到になさっているのが窺えました。
 展示品の半数くらいは以前見たことのある品でしたが、他の甲冑と比較して見ることが出来て面白かったです。

 展示品の中で個人的に印象に残ったものを紹介してみます。
 (↓レビューを追記しました)

★革包黒糸素懸威五枚胴具足(黒田孝高所用)
 合子形を逆さにした兜が特徴的。実はこの甲冑、黒田家三代藩主・三之が制作させた写し(レプリカ)で、オリジナルは孝高臨終の折に、重臣である栗山備後に後事を託してこれを譲った。後におきた「黒田騒動」ではこの甲冑が因縁の品となりました。
 オリジナルは備後の息子である大膳が南部家にお預けとなり、後に栗山家から南部家に献上され、現在に伝わっています。やはりオリジナルの方が塗の仕上げ等クオリティが高いと以前聞いたことがあります。

 なお、草摺の下方に元々は「黒餅紋」が入っていましたが、この家紋は竹中半兵衛重治が使用していたもの。孝高が荒木村重に捕われ幽閉された折、子の長政は織田信長の人質となっており、信長が戻ってこない孝高に激怒し、長政を殺害するよう命じた。しかし、この時竹中重治が長政を密かに匿ったため、長政は死なずにすんだ。
 重治に深い恩義を感じていた孝高は感謝の思いをこめて、具足に竹中氏の家紋である「黒餅紋」を入れた。
 しかし、修理の折に家紋が消されてしまったのが惜しまれます。
 
 2014年NHK大河ドラマ制作決定より前に貸し出し依頼をしたため、良いタイミングで展示できたとのこと。

★黒糸威胴丸具足(本多忠勝所用)
 兜の脇立が大鹿角形で、大きな数珠を袈裟がけにしているところが特徴的。
 この甲冑を着用した忠勝の肖像画が伝わっており、本人が所用したという確固たる証拠があるという点で大きな価値があります。
 以前、岡崎市美術館で一度見たことがあります。
 
★白檀塗浅葱糸威腹巻(大友宗麟寄進)
 この甲冑は初めて見たのですが、今回見られて良かったです。(東日本では今回初公開とのこと)実践的な仕様になっていた。

★金小札白糸素懸威胴丸具足(前田利家所用)
 金ピカのとてもゴージャスな甲冑で国重要文化財であるにもかかわらず、なぜかスルーしていく見学者が多かったです。若い世代には利家は人気がないのでしょうか?

★紫糸威二枚胴具足(伝小早川秀秋所用)
 靖国神社所蔵。「伝小早川秀秋」と伝わるが、「宇喜多秀家?」という説もあるようです。
 豊臣秀吉所用の甲冑に仕様が似ていることから、秀吉に近い人物所用の甲冑であることは確かなようです。

★伊予札萌黄糸綴引合胴具足(上杉景勝所用)
 当初、米沢市にある上杉神社からお借りするつもりだったが、東日本大震災で稽照殿が被災したため、貸し出し不可となり、今回は同仕様の個人のコレクターさん所有のものが展示されていました。

★青漆塗萌葱威二枚胴具足(鍋島勝茂所用)
 寛永14年の「島原の乱」で実際に勝茂が着用したという甲冑。兜は「桃形兜」といわれる所謂「変わり兜」。
 実践的、機能性が高い甲冑だと思います。

★金小札紺萌黄片身替威腹巻」(不明)
 今回、「シンボル展示」として展示室入口の正面に展示されているが、ほとんどの見学者がこれをスルーしています。
 室町時代末期の品のため、退色が目立ちますが、室町~江戸時代初期に流行した「片身替り」といわれる左右で異なる地色の糸が用いられており、これこそが「ばさら(婆裟羅)」を象徴する貴重な甲冑です。

 その他、真田昌幸・幸村、徳川家康、伊達政宗、立花宗茂等有名武将ゆかりの甲冑がありました。(ただし、幸村、政宗等一部は本人所用ではないものだった)

 
 
 展示は5月6日までと会期終了が迫っていますので、ぜひお時間のある方はご覧になってみてください。
 なお、図録ですが好評のため初版、再版ともすべて完売してしまったそうですが、冊数限定で再再販することが決まり、現在予約受付中だそうです。
 買いそびれた方はこの機会にぜひ申し込んでみてください。問い合わせは同博物館まで。(下記サイトをご覧ください)
 


参考サイト 土浦市立博物館
      株式会社カプコン


   
戦国武将 変わり兜図鑑 (ビジュアル選書)戦国武将 変わり兜図鑑 (ビジュアル選書)
(2010/05/22)
須藤 茂樹

商品詳細を見る


   
戦国BASARA武将がわかる本戦国BASARA武将がわかる本
(2009/06/01)
戦国BASARA武将研究会

商品詳細を見る



  
すぐわかる日本の甲冑・武具すぐわかる日本の甲冑・武具
(2012/09)
棟方 武城

商品詳細を見る




 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。