スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲阿国の墓

 今回、はるばる出雲へやってきましたが、墓参りも忘れずに・・・。

 出雲大社バスターミナルから西の稲佐の浜へと延びる道は「出雲阿国の道」と呼ばれています。
 歩いて5分くらいのところに、歌舞伎の創始者「出雲阿国」の墓があります。
 下の写真は道沿いにある墓への入り口で、車が5台くらい停められる駐車スペースもあります。
 出雲阿国の墓1

 
 太鼓原墓地の中に阿国の墓があります。
 
 阿国は出雲の鍛冶職人・中村三右衛門の娘。出雲大社の巫女となり、文禄年間(1592~96年)本殿修理費勧進のため諸国を巡っていた際、その踊りが各地で評判になったといわれています。当時の古記録に、「ややこ踊り」を披露したという記事が見られます。
 そして、関ケ原合戦後の慶長8年(1603年)春、阿国は北野天満宮にて興業を行いますが、男装して茶屋遊びに高じる「伊達男」を演じ、これが京中で評判を呼びます。5月には御所でも披露し、四条河原などでも興業を行って、阿国の名声は一気に高まります。この阿国の新しい踊りを人々は「歌舞伎踊り」と呼びました。
 その後、慶長12年(1607年)江戸城にて勧進歌舞伎を上演しましたが、その後阿国は表舞台から姿を消します。
 阿国が始めた「歌舞伎踊り」はやがて遊女らが真似て踊るようになり、これが風紀を乱すとして江戸幕府から禁止されてしまいます。このため、歌舞伎は男性によって演じられるようになり、「野郎歌舞伎」と呼ばれ、現在に至っています。

 晩年の阿国は故郷出雲へ帰り、尼となって「智月」と号し、読経と連歌三昧の日々を送ったといわれています。

 墓石にはご覧のように、ヒビが入っていて、400年の歳月を感じます。
 出雲阿国の墓2

 
 阿国の墓の周囲には、阿国にまつわるスポットがいくつかありますので巡ってみます。
 阿国の道



 墓地からみて道を挟んだ北側の出雲大社寄りに「阿国寺 連歌庵」があります。

 阿国が尼となり余生を送った庵ですが、もとは中村町にありましたが火事に遭い焼失。その後再建されますが、2代目の建物は明治4年の廃仏毀釈で取り壊され、現在のものは昭和11年「劇祖阿国会」による再々建だそうです。
 復元された建物ではありますが、慎ましやかに晩年を過ごした彼女の姿が目に浮かぶようです。 
 連歌庵

 
 お墓より西方に3,4分歩いたところに「安養寺」という寺があります。
 ここには阿国所縁の持仏や遺品である鏡などが納められ、毎年供養が行われているということです。
(中は拝観できなかった)
 安養寺

 
 阿国の墓の北西に、「奉納山公園」という場所があります。
 奉納山公園

 
 公園の入り口の階段脇に「出雲阿国終焉の地」の石碑があります。書は2代目中村鴈治郎の揮毫によるもの。
 歌舞伎俳優4代目坂田藤十郎さん、女優・中村玉緒さんのお父さんですね。
 阿国終焉の地


 石段を登っていった先に、阿国塔があります。
 昭和11年、歌舞伎界の名門、中村・市川両家をはじめ、水谷八重子など当時の名優たちの寄付によって建てられました。現在の塔は、昭和43年に再建されたもの。塔の周囲には再建時に寄付したと思われる歌舞伎界の名優たちのお名前がずらりと刻まれていました。
阿国塔2

 
 塔の裏には阿国のレリーフが。阿国の若かりし日の姿を映し出しています。
 戦国時代の終焉にふさわしい一瞬の煌めきを見せた女性でした。
 阿国塔1



  
より大きな地図で 出雲阿国の墓 を表示



 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

戦国大名尼子氏の興亡(島根県立古代出雲歴史博物館)

 「祈る心・・・出雲大社」のつづき
 間が空いてしまいましたので、簡単に記しておきます。

 出雲大社の東隣に、島根県立古代出雲歴史博物館があります。2007年(平成19年)オープンとのこと。
 こちらへは今回初めての来館でしたが、館内は広いです。
 古代出雲歴史博物館

 
 この時、企画展「戦国大名尼子氏の興亡」というのをやっていました。(2012年10月26日~12月24日)
 実はこの出雲行き、これがメインでやってきたのです。八百万の神々にはまことに申し訳ないですが・・・。

 戦国大名尼子氏の興亡

 尼子氏とは近江源氏佐々木氏の一族で、元は京極氏の守護代でしたが、14世紀末尼子持久の代に出雲富田城(月山富田城)に入り、出雲における権力基盤を築きます。
 尼子経久の代に山陽山陰11か国を支配するようになりますが、やがて台頭してきた毛利氏と対立。永禄5年(1562年)、毛利氏による出雲侵攻により尼子氏は居城である富田城に籠城しますが、4年後の永禄9年(1566年)に降伏し、ここに戦国大名としての尼子氏は滅亡しました。

 今回の企画展は島根県古代文化センターが平成21~23年の3年間に渡り尼子氏について調査・研究を進めた成果の結果発表も兼ねています。
 尼子氏は滅亡したために現在に伝わる史料というのは他の戦国大名と比べると少ないのですが、その限られた中から尼子氏の戦国大名として台頭した道筋を明らかにした好展示でした。今まで多くの戦国大名に関する展示を見てきましたが、その中でもとくに印象深い展示となりました。
 そういえば、以前岩国の吉川史料館で見た山中鹿之介の兜などもありましたね。
 展示は好評だったようで、図録は完売したそうです。

 ところで、2008年に島根県安来市にある尼子氏の居城・月山富田城を訪れました。私は関東の人間なので、中国地方の歴史についてはそれまであまり関心がありませんでしたが、その時に尼子氏について少々興味を持ちました。
 峻嶮な山城ですが、整備されていて一般人にも登りやすく、かつ歴史ロマンを感じさせるお城です。
 もう一度行ってみたいのですが、いかんせんこちらからだと遠すぎるのが玉にキズです。

 月山富田城

 
    ******************************

 館内にはレストランがあり、そこで遅い朝食を取ることにしました。
 「maru cafe」 全面ガラス貼りで明るく解放感のあるスペースです。
 maru cafe7

  テーブルにつくと、「縁ランチ」というのが目に入ったので、それを頼んでみました。
  maru cafe1
 
  運ばれてきたのは古代米にチキンカレーがのっていて、ハート型のチーズがアクセントになっていました。ミニサラダ付。おなかが空いていたので、すぐにたいらげてしまいました。
  maru cafe4

  「縁ランチ」を頼むと、ハート型のおみくじがついてきます。
  maru cafe2

 さっそく開いてみると、主人はオオクニヌシノカミ、私はスセリビメでした。
 「運命的な出会いがありますが、一目惚れに注意!」などと書いてあり、思わず笑ってしまいました。
  maru cafe3

 このメニューはできればカップルで注文してみたいですね。

 食後には「れきはくカプチーノ」を。企画展の内容に合わせて、「尼子」という文字と「山中鹿之介」イラスト入りのカプチーノです。(匂玉クッキー付)洒落てますね~♪
  maru cafe5


 メニューにもいろいろ工夫が凝らされていましたし、スタッフの方の対応もよく、ゆっくり食事&休憩することができました。

 
 古代出雲歴史博物館は古代史が専門みたいですが、常設展には出土した国宝の銅鐸や古代の刀剣、古代の出雲大社の模型などが展示されていましたが、あまり古代史には関心がなかったのと帰る時間が迫っていたので20分程度しか見られませんでした。


  参考サイト 島根県立古代出雲博物館


  
より大きな地図で 島根県立古代出雲博物館 を表示



人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

命の火が消える時

  ろうそく


 大晦日に倒れた叔父ですが、去る18日に帰らぬ人となりました。享年58(満年齢で56)歳でした。先日葬儀を執り行いました。

 この叔父はうちの母の末の弟で、兄弟姉妹の中で一番仲が良かったため、母の嘆きはとりわけ深く、叔父が危篤と聞いて寝込んでしまい、具合が悪くて通夜にも出られない状態で、告別式のみやっとの思いで起こして連れてきました。

 叔父は未婚で、妻子でもいればまだ多少は救われたのですが、孤独のうちに亡くなったことを思うと悲しみに耐えません。倒れたのが大晦日でなければ、もう少し迅速な治療ができたのでは・・・などと悔やむ思いばかりが過ります。

 
 私の実家は家族縁が薄く、母方にはいとこなどもおらず、死んだ叔父は数少ない身内の一人でしたので、新年早々このような事になってしまい、私もやりきれない思いに深く沈んでおります。



件の事情で、なかなか更新できませんで、せっかく見にきてくださった方には申し訳ございません。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

B787運行停止

 16日、山口宇部空港発ボーイング787が飛行中、機内で煙を感知したため高松空港へ緊急着陸し、世間をヒヤリとさせました。機長の迅速な判断で、大事に至らなかったのが幸いです。しかし、このような事がおきると飛行機を利用する者にとって不安が拭いきれない、といった感じです。
これを受けて、国交省がJALとANAに対して同機の運行停止を命じたとのことですが、当然の措置だと考えます。


 以下の写真は昨年11月に岡山→羽田間で搭乗したB787機です。この日は本来別の機材だったのが、直前で787に機材変更があり、乗ることになりました。
 昨年も小さいトラブルはいくつかあったので、少々不安に感じながらのフライトでした。


 機内は青っぽい照明でした。 
 B787a

 座席にはこのようなモニターが設置されていましたが、国内線のためか映画やゲームは何もダウンロードされていませんでした。
 右下の方にUSBのジャックがあり、PCを利用するときなど便利な仕様になっています。
 B787b
 
 
 非常口。今回のトラブルでは、乗客はここから脱出したのでしょうか。
 B787c


 2-4-2の座席でした。
 B787d


 この時もヒヤヒヤしながら乗っていたので、無事着陸した時は安堵しました。(羽田空港にて)
 B787e


 今回のアクシデントはバッテリーの異常だそうですが、安全が確認されるまでしばらく機材はお蔵入りになりそうですね。
 


 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

初雪の風景

 すみません。色々バタバタしており、更新が滞っております。今しがた、やっとパソコンに向かう時間ができました。

 昨日の初雪のなか、本当は出かけたくなかったのですが、どうしても用事があり外出。
 当然のことながら、電車も遅れ気味です。

 都内某所の風景です。
 2013東京の雪3


 あたり一面雪景色。一時は吹雪いてました。
 2013東京の雪2


 この辺りは再開発地域で高層マンションが多いのですが、そこの住民と思われる中学生くらいの子たちが3人、キャーキャー言いながら雪の玉を転がしてます。
 都会では滅多に積る雪は降らないので、うれしくて仕方がないのでしょう。子供の頃の自分もそうでした。
 2013東京の雪1


 用事をすませて帰路についたとき、道の傍らに雪だるまが。ただし、目や口がない!?付け忘れてしまったのかな。
 雪玉を転がしていた子どもたちの姿はもうありませんでした。
 2013東京の雪4


 ところで私の住んでいる地域は住宅街なのですが、道路の雪かきをしないお宅が目立ちます。せめて、玄関先や家の周りだけでもやっていただけると、こちらも歩きやすくなるんですけどもね。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

祈る心・・・出雲大社

 昨年11月、島根県にある出雲大社に行ってきました。
 出雲大社といえば、「縁結び」の神様として有名ですが、島根県はいつも松江止まりで、今まで出雲まで足を延ばしたことはありませんでしたのでこれが初めての参拝です。
 私共が10年前に結婚式を挙げた時、神前式だったのですが、会場に設けられた社は出雲大社からの分祀でしたので、お礼詣りもかねています。
 
 現在、出雲大社は60年に一度という「平成の大遷宮」、すなわち本殿の改修工事が行われています。また、ちょうど現地は「神在月」(八百万の神々が出雲へ集う)だったため、大勢の参拝客で賑わっていました。

 ところで、この日東京から夜行バスで着いたのですが、バスの到着場所が社の西側だったため、近くにある神楽殿から参拝しました。
 この神楽殿ですが、ご覧のように、大きなしめ縄が有名です。なんと、長さ13m、太さ8m、重さ4.5tもあるのだとか!?
 なお、このしめ縄に向かってお賽銭を投げている人をちらほら見かけたのですが、これはNGだそうですからマネしないよう注意しましょう。
 出雲大社1


 この後、すぐ近くに「出雲阿国」の墓があるというので、ついついそちらへ行ってしまい(後述)、また大社へ戻ってきたのですが、実はこれが大失敗でした。。。


 とりあえず、順序通り「木の鳥居」(二の鳥居)からスタートします。
出雲大社3


 ここからまっすぐ伸びる参道を進みます。
 
 「鉄の鳥居」(三の鳥居) ここまではよかったんですが・・・。
  出雲大社4

 その先には人・人・人!長蛇の列ができています。
  出雲大社5


 最後尾に並んだのですが、なかなか前に進まないため、列を抜け出し社の方へ。
  
 「銅の鳥居」(四の鳥居) 毛利綱元(元就のひ孫)が寄進したという、わが国最古の青銅の鳥居だそうです。
出雲大社6


 その先に「御仮殿」があります。「大遷宮」中は大国主大神の「仮住まい」となっています。
 しかし、ご覧のように行列しないと参拝できません。
 仕方ないので、御仮殿での参拝はあきらめ、遠方からそっと手を合わせてその場を去りました。
 やはり寄り道せず、先にこちらに来ればよかったと後悔しました。
出雲大社7

  参拝を待つ人々の列はとどまるところをしらず・・・。
 「神在月」だと、こんなにも多くの人々がやってくるとは思いもよらなかったです。
  出雲大社8


 現在、改修中の「本殿」の屋根先がわずかながら見えました。今年の5月に完成予定だそうです。
出雲大社14

 
 参拝客を見ると老若男女、実に様々でしたが、やはり若い女性やカップルの姿が目立ちました。
 やはり「良縁祈願」ということではるばるやってこられたのでしょうけれど、それぞれの願いがかなうといいですね。

 
 参道の東側に何やらモニュメント?みたいなのものを発見。
 「ムスビの御神像」というもので、大国主大神が幸魂(さきみたま)と奇魂(くしみたま)を授かり、縁結びの神になったことを象徴する像、ということです。
 出雲大社9

 
 この方が大国主大神。大国主大神といえば、「因幡の白ウサギ」の逸話が有名ですが、こちらの像も参道をはさんだ反対側にあったらしいのですが、撮りそびれてしまいました。
 余談ですが、小学2年生の時、学芸会で「因幡の白ウサギ」という出し物をやり、私は大国主の役だったことを三十数年ぶりに思いだしました(笑)
 当時髪が長かったので、大国主のヘアスタイルのような「角鬢(みずら)」を結い、大きな袋を担いで、大国主に扮したものでした。
 しかし、なんで当時の担任の先生もそんな古い題材をわざわざ選んだのでしょうか、謎です???
 出雲大社10


 それにしても、大社の敷地は本当に広いし、参拝客も多いしで圧倒されまくりでした。
 「神在月」の時はそれなりにご加護があるのでしょうが、参拝だけでなく駐車場待ちも長蛇の列で時間がかかったりするので、個人的にはあまりおすすめできないかも。。。
 また機会があれば、ぜひ参拝したいと思います。


 最後に季節が過ぎてしまいましたが、紅葉の写真を思い出に。
   出雲大社11

   出雲大社2

 出雲大社12

   出雲大社13





 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

「八重の桜」・・・敗者から見た明治維新

 元日からあっという間にもう6日経ってしまいましたが、松の内くらい少しはゆっくりできるかと思っていたら、主人が急に体調を崩してダウンしていまいました(泣)それから、叔父が倒れてからいまだ意識が戻っておらず、そんなこんなで落ち着かない毎日を送っております。

 ところで、今日から2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」がスタートし、さきほど見終わりました。

 昨年の「平清盛」が過去最低視聴率を更新し、どうなることやら。。。と思っていましたが、無難なスタートで幕開けといった感じです。
 コンスターチの嵐で画面が見えにくい、ということもありませんでしたし。セリフなども違和感がほとんどなかったように思います。
 出演者の方たちも総じて落ち着いて演じられている印象を受けました。「八重」役の子役の女の子がとても愛らしく、やはり子役の存在はあなどれないと思いました。
 主役の綾瀬はるかさんをプレ紹介番組で拝見しましたが、少しほっそり痩せられたみたいで。おそらく、ハードな撮影の毎日だったのだろうと推察します。
 
 やはり、昔の大河のようなオーソドックスなスタイルを継承したほうが安心して見られます。過剰な演出などはかえってドラマを楽しむことの妨げとなります。

 今後どういう展開になっていくのか見ものですが、今年一年、「もののふの心」が顧みられるドラマであってほしいと願っています。
 ドラマに関連した史跡巡りは残念ながらあまりできそうにないですが、何かあればまたこちらでご紹介していきたいと思います。

  
八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(2012/12/20)
NHK出版、 他

商品詳細を見る

  

 
 参考サイト 大河ドラマ「八重の桜」(NHK)

 過去記事 新島八重の生涯と戊辰戦争展


 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜
ジャンル : テレビ・ラジオ

謹賀新年2013

出雲大社


 あけましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願い申し上げます。


 上の写真は昨年11月に行った「出雲大社」(島根県)の写真です。
 おりしも現地では「神在月」(全国の八百万の神々が出雲地方に集う)だったため、ものすごい人出で驚きました。今日あたりも初詣客で大いににぎわっているのではないでしょうか。
 この続きはまた後日・・・。



 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。