スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【駅弁】リラックマオムライス

 梅雨もあけて、いよいよ夏シーズン到来!もうすでに学校も休みに入ったとみえて、巷には親子連れの姿があちこちで見受けられます。

 お子さん連れで行楽地へでかけることも多い夏休み。
 電車でおでかけの際は、こんな駅弁は如何でしょう?

 人気のキャラクター「リラックマ」が駅弁になりました。
 その名も、「リラックマオムライス」(調整元・淡路屋) 1080円也。
 東京駅の売店にて発見しましたが、熊本の「くまモン」の駅弁と迷ったあげく、こちらを選択。
  りらっくまオムライス1


  パッケージを取ると、中はフタにキャラクターの絵入りのタッパー仕様になってます。
  これなら、もって帰って、お弁当箱とか再利用OKですね(笑)
  りらっくまオムライス2

   中身はこんな感じです♪ オムライスとナポリタン、つくね、ウィンナー、ゆで卵といった、子どもが喜びそうな内容。
   味付けは甘めでした。ちょっと大人には物足りないかも。。。
   りらっくまオムライス3



 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
スポンサーサイト

【駅弁】三原城址で「浮城弁当」を(JR三原駅)

 JR三原駅は、かつてお城の天守台のあった所に築かれたという話は先述しました。
 天守台には上ることが可能です。

 駅の改札を出て右手に行くと天守台への入口があり、そこを出て階段を登ると。。。
 三原城天守台2


 天守台へ着きました。かつてここには「天守」は築かれず、多門櫓と連結した二重櫓がありました。
 三原城天守台1


 天守台には桜が2本植えてありました。(向こう側は三原駅) 根元にはブルーシートが敷かれており、誰かがここでお花見しようとしてたみたいです。
 三原城天守台6


 城主であった小早川隆景の気分になりきって、天守台のへりから外を眺めてみます。城の北東。
 三原城天守台3

 北側。桜山が遠望できます。
 三原城天守台4


 北西側。現在、堀端は整備中なようです。堀の水が濁っていて汚かったのが少々残念です。
 三原城天守台5


 天守台は小さな公園みたくなっており、ベンチがありましたので、ここで朝食にすることにしました。この日、早朝にホテルを出て、何も食べていなかったんです。
 三原駅改札外のコンビニで買った駅弁・・・その名も三原城にちなんだ「浮城弁当」(1050円)。
 調整元は先日紹介した「元祖珍辨たこめし」や「あなご重」と同じ、「浜吉」さんです。
 掛け紙には城の絵が描かれていますが、お城をモチーフにした駅弁というのは全国的にも珍しいのではないでしょうか。
 浮城弁当1


 中身は至って普通の幕の内です。
 白いご飯に梅干。おかずは、焼き鮭、かまぼこ、ボール、卵焼き、海老天、煮筍、レンコン、から揚げなどが入っていました。
 個性はありませんが、ボリュームはけっこうありました。味も合格点だと思います。
 浮城弁当2

 空腹を満たしたところで、三原城下を歩いてみることにします。
                                             つづく


 関連記事 【駅弁】あなご重/元祖珍辨たこめし(JR福山駅)


 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  

テーマ : 食べ物の写真
ジャンル : 写真

【駅弁】あなご重/元祖珍辨たこめし(JR福山駅)

 閑話休題・・・。
 今回の山城攻めですが、恒例の駅弁にすることにしました。
 一般的には駅弁は列車内でぱくつくものだと思いますが、私の場合、城跡で食べることも少なくないです。

 JR福山駅改札内売店
 ここには老舗の調整元「浜吉」さんの駅弁が各種販売されています。
 「浜吉」さんは福山の業者さんかと思いこんでいたら、実は今回行った三原の業者さんでした。  
 JR福山駅駅弁売店

 私は福山へ来る度に「浜吉」のロングセラー駅弁である「元祖珍辨たこめし」を買っていたので、今回は気分を変えて、あえて別のものを購入することに。

 広島名物「あなご重」 950円也
 広島名物「あなご重」1
 広島名物「あなご重」2

 ご覧のように、煮あなごが三切れほどご飯の上にのっています。つけ合わせはカブの漬物、小さな卵焼き、煮豆でした。
 感想は・・・。

 ちょっと味が薄いという感じでした。可もなく不可もなく、という感じです。やはり、アナゴとご飯が大半だと途中で飽きてきますね。

 一方、主人は「タコ」が好物ですので、今回も迷わず「元祖珍辨たこめし」をチョイス。写真を撮る前にすでに食べはじめていたので、過去写真よりアップします。

 元祖珍辨たこめし1
 元祖珍辨たこめし2


 ご飯の上にプリプリのタコ、錦糸卵、海老、山菜、漬物、うずら、椎茸、タケノコ、柴漬けなどが色々のっていて賑やかです。私は主人と同様、コチラにしておけばよかった。。。と少し後悔。
 さすがに、50年以上の販売実績を誇るロングセラー駅弁であります。もはや定番の味ですね。


 なお、本当は城の頂上でランチタイムにしたかったのですが、今回は登るのに困難が予想され、荷物を極力減らすために麓の駐車場にていただきました。


 関連記事 【駅弁】三原城址で「浮城弁当」を(JR三原駅)


 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 食べ物の写真
ジャンル : 写真

【駅弁】ふくめし(JR小倉駅)

 前々回では、JR小倉駅で購入した駅弁「うにめし」をご紹介しましたが、次は「ふくめし」です。
 こちらは小倉駅の新幹線改札を入った内側にある売店で見かけ、パッケージのフグの絵がユーモラスで可愛かったので、思わず購入。1200円でした。(調整元 北九州駅弁当株式会社)
 「ふくは福をよぶ」と記してあります。
 ふくめし1

 掛け紙(というかパッケージ)を外すと、フグの形をした器が出てきました。(これは家に持って帰りました)
 ふくめし2

 中身はこんな感じ。たきこみご飯の上に、シロサバフグの一夜干し、フグのから揚げが3個(ふつうのから揚げ、青のりから揚げ、明太から揚げ)、タケノコ、シイタケ、栗の甘露煮、アルミカップに入った数の子ウニがのっかっていました。
 ふくめし3

 食べてみた感想は。。。少々味が薄いというか、淡白な感じがしました。ちょっと自分の舌には合わなかったかなあと。
 うーん、という感じです。ただ、この辺は人の好みによると思います。ボリュームはそこそこありました。
 ただ、容器を記念に持って帰れたので、それは良かったです。


   応援有難うございます。宜しければクリックにご協力お願いします。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ   

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

【駅弁】うにめし(JR小倉駅)

 先日所用があり、福岡県北九州市へ行ってきました。
 JR小倉駅で乗換え(今回は下車していません) 小倉駅を利用したのは実に19年ぶりです。
 小倉駅

 せっかくですので、駅弁を買ってみることにしました。駅構内の販売所へ行くと、いろいろな駅弁が並んでいて、思わず目移りしてしまいます。
 小倉駅駅弁屋

 ふと、「かに寿司」が目にとまり、買おうと思ったらあいにく品切れとのこと。(みんな考えることは同じなんですね)
 仕方がないので、「うにめし」(950円)を購入しました。調整元は北九州駅弁当株式会社です。
 うにめし1

 これが食べてみると美味しい!ウニがたきこんであるご飯は色鮮やかなダイダイ色で、目を引くのもさることながら、付け合せのおかず類もポイント高いです。
 カニ爪フライ、レンコン・ゴボウ・ニンジン等の煮物、さわらの西京焼、煮エビ、肉団子、桜漬、わさび漬、缶みかん。それに、ちゃんと数の子ウニもアルミ箔カップに入ってありました。
 うにめし2

 ご飯もおかずもしっかりした味付けで、食べ甲斐がありました。おかず類は酒の肴にしてもいい感じです。見てよし、食べてよしというところで、食べ終わった時の満足感があり買って正解でした。また小倉へ来たらリピしてもいいかもです。

          つづく

  応援有難うございます。宜しければクリックにご協力お願いします。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

越前かにめし

 史跡巡りはちょっとお休みして、駅弁の話題など・・・。旅先では駅弁の写真をけっこう撮影していますが、ついついブログに掲載しそびれてしまいます。
 近年、駅弁は某有名デパートの駅弁大会や、近所のスーパーなどでもたまに駅弁フェアをやっていたりして、普段でも容易に手に入りやすくなりました。
 とは言え、駅弁はやっぱり旅先でこそ味わうべきモノとも思ったりするわけです。車窓を眺めながら、駅弁をほおばるというのは旅の醍醐味の一つだと思います。

 昨年の福井行きもいつものようにスケジュール過密だったため、JR福井駅構内の売店で駅弁を買ってお昼に食べました。
 朝方出発する前に買ったので、あまり種類がありませんでしたが、やっぱり福井駅の名物といったら「越前かにめし」(調整元 番匠本店)。1100円です。ご覧のように袋に入っています。
  越前かにめし1

 赤い蟹をイメージした器に入っていて、蓋を開けるとご覧のようにズワイガニの雌であるセイコガニの赤肉と卵巣、みそなどをほぐし炊き込んだご飯の上に、カニのほぐし身がのっかっています。けっこうボリュームあります。
  越前かにめし2

 なお、赤い容器は耐熱容器で、電子レンジであたためOKらしいです。あたためなくても十分美味しかったですけどね。一見淡白に見えますけども、ご飯にもしっかり味付けがされていて、さっぱりと頂くことができました。同行したうちの主人も美味しかったとの感想です。
 大分以前になりますが、北陸を旅したとき、特急の車内で一度購入した記憶があります。現在でも車内販売はあるようですね。他の地域でも駅弁で「かにめし」を売っているところがありますが、番匠本店さんの「越前かにめし」こそが「かにめし」の元祖だそうです。ロングランの人気駅弁なんですね。(^^)



  にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ 

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

水了軒破産 その後

 京都幕末史跡の続きを書こうと思っていたら、FC2ブログの一部でアクセス障害がおきて、数時間ほど管理画面につなげなくなってしまいました。イライラ・・・(-''-;)このブログサービス、たまにこういう事が突然起きるのでちょっとどうなのかなあと懸念が募ります。

 で、モチベーションが下がってしまったため、今日は別の話題を。(京都史跡は明日以降続けます)

 以前、「八角弁当」「大阪寿し」などで有名だった大阪の老舗駅弁屋の水了軒さんが突如破産したというニュースに関する記事を書きましたところ、何故かほぼ毎日のように「水了軒」のキーワードでアクセスしてくる方がいらっしゃいます。
 しかも、検索かけてくる人は必ずしも同じ人ではないようで、たぶん後から水了軒さんの破産を知り、詳細や経緯を知りたくて検索されている方たちが何人かいらっしゃるのだと思います。
 私は関西人でもなく、水了軒さんや販売していた駅弁にそう特別な思い入れもないのですが、こうなると少々気になって、先日用事があって大阪へ行ってきたので、新大阪駅構内の水了軒さんの販売所があった所へ行ってみました。

水了権破産 その後

 すると、水了軒さんの店舗はすでに「旅弁当」(JR西日本フードサービスネット)に変わっていました。

 あの後、水了軒さんの歴史を軽くググってみたところ、明治時代には駅構内での営業権を認められていたとのこと。当時としてはたいしたものだったと思います。(昔は国鉄の駅構内における営業権を得るのは至難だった)
その老舗が突如消えてしまったのだから、やはりお店をよく利用していたファンにとってはその現実がにわかに信じられない・・・という事なのだと思います。

 ささやかな事ではありますが、「水了軒」の検索で来る方たちのために写真をのっけておきます。


 ※追記 先日、偶然こんな記事を見かけました。
 (リンク切れの際はご容赦ください)

  大垣市にある食品会社が、「水了軒」さんの商標と工場を買い取ったそうです。
  引き継いでくれる企業が現れて、一安心ですね。



★ランキング参加中です。下記よりお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ  人気ブログランキングへ  

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

JR河毛駅/ステーキ弁当 

 小谷城から下山し、もう一度歴史資料館へ行って展示を見た後、最寄駅のJR河毛駅へ寄りました。
 河毛駅からお城まで歩くと30分くらいあるそうですが。

JR河毛駅

 駅構内には、早くも浅井三姉妹関係のキャラクターグッズの売り場が出来ていました。でも、迷ったあげく何も買わずに帰りました。

浅井三姉妹グッズ

 駅前には浅井長政夫妻の銅像がありました。長政と夫人のお市の方が二人仲良く並んでいます。

浅井長政夫妻

 駅前の駐車場で、JR米原駅の駅弁屋(井筒屋さん)で買った「ステーキ弁当」を食べました。かれこれ3年ぶりくらいに食べます。
 井筒屋の本社のほうへ駅構内売店でのお弁当の取り置きをあらかじめ頼んでおいたのですが、いつもながら対応は良いです。
 以前は「近江牛ステーキ弁当」という名前でしたが、数年前に名称が変わったみたいです。

ステーキ弁当1
ステーキ弁当2

 次の史跡へ移動しなければならなかったので、あわただしく駅弁を掻き込みましたが、以前よりどうも味が変わったような気が・・・。肉の質が変わったのか?
 あくまでも個人的な感想ですが、少々味が落ちたような感じです。(自分の味覚が変わったのかもしれませんが)気に入っていた駅弁なので、ちょっとガッカリでした。
 それと、以前はカップ入りゼリーが口直しについていたんですが、今回はありませんでした。

           つづく

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ     人気ブログランキングへ

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。