スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀吉、子飼いの武将を叱る

 今年の1月下旬、めずらしく日本史関係の、とある「発見」が全国的に話題を呼びました。
 今、放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」関係と思いきや、違いました。

 豊臣(羽柴)秀吉が、子飼いの武将で、「賤ヶ岳の七本槍」の一人である脇坂安治に宛てた書状33通が兵庫県たつの市の資料館で見つかったというものです。
 関西の方では、秀吉人気のせいかかなり大々的に報道されたようですが、私の住む首都圏でも、ワイドショーでやっていたぐらいBIGな発見だった模様です。
 東大史料編纂所の村井祐樹氏が鑑定したところ、大変重要な史料だったことがわかりました。
 その史料が一般公開されるというので、先月兵庫県たつの市まで行ってきました。
 
 たつの市立龍野歴史文化資料館

 今回、「発見」されたという史料は、もともと同市の龍野神社が所蔵していた藩主、脇坂家に伝わる文書類だったのですが、今から四十数年前に流出してしまい、2014年になってたつの市が所蔵者より買い戻したというものです。
 しかし、この史料は2012年に所蔵者のもとで火災に遭い、消火時に水損もしたため、傷みが激しかったものを、東大史料編纂所が大部分を修復、調査したそうです。
 中でも注目されるのは、秀吉が脇坂安治に仙洞御所の材木手配を命じたのに、安治はあまり乗り気でなく、むしろ越中出陣を望み、仕事も遅れがちだったことを叱責した書状や、文中で秀吉が主君の織田信長のことを「信長」と呼び捨てにしていた書状もあったそうです。

 この日、たつの市内の公民館で鑑定にあたった東大史料編纂所、村井祐樹氏による講演会が行われたので、聴講してきました。地元の方や、報道を聞きつけた戦国ファンが集いました。
 
 村井祐樹氏

 講演は、史料が「発見」されるまでの経緯と、東大史料編纂所での修復作業についての説明が中心でした。
 村井氏はスライドを用いて、火災に遭い焼け焦げた無残な状態の文書を、史料編纂所の二名の専門員がていねいに時間をかけて、修復していった様子を熱く語られました。
 肝心の史料内容については、時間が足りなくなってしまい、かけ足での紹介でしたが、報道された以外にもいろいろ歴史的に重要な発見があったようです。
 最後に、「この貴重な史料を、たつのの皆さんには大切に後世へ伝えてほしい」とまとめられました。

 村井氏も、資料館の方も、流出のくわしい事情は口が堅く、語りませんでしたが、地元の方にお聞きしたところ、どうやら当時の宮司が神社から勝手に持ち出してしまったみたいです。
 その後、その宮司の関係者が所蔵していたようなのですが、かなり雑な管理をしていたようで、火災後も放置しっぱなしだったそうです。
 こういう話は、いろんな地方でよく耳にしますが、まさに「宝の持ち腐れ」です。素人が古文書を良好な形で長期保存するのは難しいので、やはり博物館や大学などの研究機関に相談し、寄託するなどした方が良いと思われます。



 3月の初めだったので、ちょうど梅の花が見頃でした。
 展示は今週末の4月10日まで開催中ですので、ぜひご覧になってみてください。くわしい図録も販売しています。
 龍野城1

 余談ですが、私はたつの市へ行った2日後、インフルエンザにかかってしまいました。多分ですが、講演会でウィルスをもらってきちゃったみたいで、散々でした(泣)。その後も体調不良ですので、1か月後の更新となってしまいました。


  いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
スポンサーサイト

特別展 「佐久間象山と横浜」

佐久間象山

 今年は佐久間象山没後150年ということで、横浜市都筑区にある横浜市歴史博物館にて開催中。
 7月6日(日)までですので、ご興味のある方は是非。
 佐久間象山ですが、大河ドラマ等幕末のドラマには必ず登場します。昨年も「八重の桜」の冒頭で出ていましたね。多分、来年も・・・なかなか良い史料が出ていますよ。
 週末も雨模様のようですし、お近くの博物館見学は如何でしょう。




 参考サイト 横浜市歴史博物館HP


 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
 

NHK大河ドラマ 「軍師官兵衛」展(江戸東京博物館)

 お久しぶりです。
 しばらくブログをさぼっていたら、「スポンサーサイト」がトップに来ていたので、少しだけ更新です。

 東京・両国にある江戸東京博物館で、NH大河ドラマ「軍師官兵衛」展を開催中なので、さっそく行ってきました。

 「軍師官兵衛」展

 でも・・・。
 実はこのわたくし、現在放映中の大河ドラマのほうは第5話くらいで早々に脱落しました。

 今、有岡城攻めぐらいのところですかね?少々、ペースが遅すぎやしないでしょうか。

 ところで展示のほうですが、なかなか貴重な史料が来ており、まとまっているという印象です。


 展示の詳細な部分は時間がないので書きませんが、官兵衛の人生は他の同時代の武将と同様、局面においては常にギリギリのところでの「選択」を迫られていたこと、また家臣団がしっかりしていたこと、親父(孝高)から息子(長政)へのリレーがうまくいったことが、近世大名としての確立につながったのだということがよくわかる内容でした。

 あと、ちょっと小ネタを書いておくと、「官兵衛」は当時は「かんべえ」とは言わず、「かんびょうえ」あるいは「かんぴょうえ」と呼んでいたらしいですね。
 また、今回官兵衛と息子の松寿(長政)の恩人である竹中半兵衛ですが、彼についてはほとんど同時代の史料が残っていないんだそうです。

 国宝、重要文化財級のものが主に黒田家関係史料の所蔵先である福岡市博物館から来ていましたが、ただ残念だったのは、官兵衛が織田信長から賜ったという名刀「圧切(へしきり)長谷部」(国宝)は来ていなかったです。多分、この後福岡市博物館へ巡回する同展では出展されるだろうと思われます。
 例年なら福岡へ遠征しようか、というところですが、今年は諸事情で難しいかも。

 
 ↓会場の雰囲気がわかる動画↓ 官兵衛が家臣の栗山利安に下げ渡した、合子の兜のオリジナルが盛岡から来ています。
 
 (※リンク切 ご容赦ください)

 ところでドラマのほうですが、関西ではそこそこの視聴率らしいですが、関東では低いらしいですね。やっぱり、自分なども播磨近辺の土地勘がないので、いまいちピンと来ないんですよね。

 個人的には、昨年の「八重の桜」の方がキャスティング、ストーリー等良かったような気がします。


 展示は7月13日(日)まで。


 
 参考サイト 江戸東京博物館HP
 

 
 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  

清麿(根津美術館)

 やっと仕事がひと段落した先週、東京・南青山にある根津美術館で刀剣の展示を見てきました。
 根津美術館ですが、7,8年前に来たっきりで、リニューアルオープンしてからは一度も来ていませんでした。
 根津美術館2

 根津美術館3

 源清麿とは、幕末に生きた日本刀の名工で、四谷に居を構えていたことから、「四谷正宗」と呼ばれ人気を博しますが、嘉永7年(1855年)、42才で謎の自殺を遂げたという人物です。
 現在でも彼の作品は刀剣コレクターの間では人気で、生誕200年ということでの記念展だったようです。
 この展覧会、2月からやっていたのですが、全然見に行く暇がなくて、やっと滑りこんだという感じでした。
 こうして「もののふの心」を堪能したのですが、観覧者は年配の方が多いと思いきや、若い世代の方も多かったのが意外だったです。
 ただ、展示の方はあくまでも刀剣の美術的な価値を強調していて、所有者や、歴史的なエピソードがあまり紹介されていなかったのが残念です。(美術館で開催すると、歴史的な面がそがれてしまう傾向がある)
 たしか、新選組の近藤勇が「虎徹」と思って入手した刀が、実は清麿作だったという説がありますが、出来ればそういうエピソードも盛り込んでほしかったですね。

 
 展示を見て少々疲れたので、館内にある喫茶店で休憩。
 いちごのケーキを頼もうと思ったら品切れで、仕方なくチョコレートケーキを注文。
 (実は私、あまりチョコケーキが好きじゃないですよね。。。)
 根津美術館5


 その後、庭園をちょっと散策。庭園内に一本だけあった桜の木。この日、5分咲くらいでしたから、今はもう満開を過ぎているかもしれません。
 (この写真を友人に送ったら、喜ばれた)
 根津美術館1


 庭園内にあった五輪塔。大きいものですが、これはもともとは誰かの墓か供養塔?だったのでは、と思います。
 正面の、おそらく法名などが刻まれてあったであろう部分が故意に削りとられているのです。
 一般の人はスルーでしょうが、私はちょっとこれは・・・と気になりました。
 根津美術館4

 
 なお、展示の方は4月6日で会期終了でした。。。(スミマセン!)


 参考サイト 根津美術館HP


  いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

まばゆいばかりに輝く・・・金印「漢委奴國王」

 昨年11月3日(文化の日)、福岡市早良区にある福岡市立博物館へ行ってみました。この日はあいにくの雨ということで、史跡巡りもできず、また2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(現在放映中)の主人公、黒田官兵衛(如水)に関わる資料のほとんどがこの博物館にあるというので、ネタを仕入れに行こうと思いまして。

  福岡市美術館

 残念ながら、黒田官兵衛に関する展示はちょっとしかありませんでした。なお、今年の夏ごろ、大河ドラマ展「軍師官兵衛」を開催予定とのことです。


 ところで、常設展示室へ入ってみたら、この日からリニューアルオープン初日ということで意外なモノが目に留まりました。

 それは、金印です。しかも「国宝」です。


 江戸時代の天明4年2月23日、地元の百姓、博多湾に浮かぶ志賀島の百姓・甚兵衛という者が農作業中に発見したといわれます。
 「漢委奴國王(かんのわのなのこくおう)」と刻まれたこの金印は、中国の史書『後漢書』にある、建武中元2年(西暦57年)、光武帝が福岡平野にあった「奴国」の王に与えた印綬です。
 
 私はあまり古代史に関心がないのですが、さすがにこの金印については歴史の教科書に出てくることもあり、サビついた頭の中の記憶がやっと蘇ったという感じです(苦笑)

 同博物館が所蔵するこの金印は、なんといっても目玉展示品ということで、館内のリニューアル工事において、「金印」のための特別展示室をわざわざ設けました。

 そのお披露目の初日に偶然出くわした、というわけです。


 前置きはこれくらいにして、件の金印ですが。。。館内スタッフの方に確認したら、フラッシュ無でなら撮影OKとのことで、手持ちのコンデジで撮影してみました。なにしろ、金95%含有率という代物ですので、スポットライトに照らされ、まばゆいばかりに輝いています。

 金印のつまみの部分は「蛇」だそうです。。。変な形ですが、とぐろを巻いているのか??
 金印1


 別の角度から。
 金印3


 「漢委奴國王」と刻まれています。
 金印2


 この金印だけでも一見の価値がありましたね~。
 金印ですが、ホンモノかどうか疑わしいという「偽造説」など、諸説あるようです。このあたりについては、正直私もよくわからないですね~(汗)

 この日はリニューアルオープン初日、しかも無料DAYということで雨天にも関わらず来館者は多く、金印への注目度も高かったようでした。


 
 金印についての詳しい解説はこちら⇒「金印」(福岡市博物館HP内)




 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

忠臣蔵と細川家 (永青文庫)

 東京・文京区にある永青文庫では、現在冬季展示「忠臣蔵と細川家」を開催中です。(前期~2月2日(日) 後期2月4日~3月23日(日))
 永青文庫

 【展示趣旨】
 元禄15年(1702)12月14日に旧赤穂藩士46名が吉良上野介を襲い、主君浅野内匠頭の仇を討った事件は『忠臣蔵』としてよく知られています。討ち入り後、義士たちは沙汰が下るまでの間、肥後熊本藩細川家・長門府中(長府)藩毛利家・三河岡崎藩水野家・伊予松山藩松平家の四大名家にお預けとなりました。その一家の細川家は大石内蔵助以下17名の身柄を細川家の白金下屋敷(現東京都港区高輪)に預かりますが、その時の当主・五代細川綱利は義士たちの忠義を深く賞賛し、厚遇を持って接したのでした。

この展覧会では、大石内蔵助自筆書状や細川家で世話役を勤めた堀内伝右衛門の「赤城義臣対話」などを展示し、討ち入りから切腹までの義士の様子や細川家のもてなしなど討ち入り後の顛末を中心に忠臣蔵の実話にせまります。


 参考サイト 永青文庫HP


 すでに語り尽くされた感のある「忠臣蔵」ですが、タイトルに釣られて、展示を見に行きましたが、正直これは貴重な・・・というものは無かったです。


 ただ、忠臣蔵に詳しい方はすでにご存じなのかもしれませんが、討ち入り後の大石内蔵助ら17名を預かった熊本藩主・細川綱利(この人は大石ら浪士を厚遇した)は実は赤穂藩主、浅野長矩の若い頃「後見人」になっていたという。だから、討ち入りのずっと前から細川家と赤穂藩浅野家とは関係があったことになります。
 今回、若年の折の長矩を諌める書状というのが展示されていました。(浅野長矩という人は同時代の記録によると、少々問題のある人だったらしい)

 私は江戸時代には詳しくないので、間違っているかもしれませんが、若年で家督を継いだ大名の後見人は普通、親戚筋から選ばれることが多かったのでは??と思うのですが。赤穂藩浅野家と細川家ってこの当時は親戚関係はなかったような。。。綱利はどういう理由から「後見人」に選ばれたのでしょうか?
 たまたま、学芸員の方がいたのでこの点を尋ねてみたところ、その方も両者の「関係」についてはわからないと言ってました。

 永青文庫所蔵の熊本藩藩政史料はそのほとんどが現在熊本大学に寄託され、ようやく最近研究が始まったばかりだそうです。
 ですから、もしかしたら今後、その膨大な史料の中から忠臣蔵関係のものも出てくるかもしれない。。。とのことでした。
 
 忠臣蔵関係とあって、観覧者はいつもより若干多く感じました。



 【参考】東京・港区にある細川家下屋敷跡  大石内蔵助ら17名はここで切腹しました。
 熊本藩細川家下屋敷

 

  ********************************

 ところで、永青文庫の理事長をつとめる細川護煕氏ですが、なんでも来月行われる東京都知事選に立候補予定だそうな。。。

 この方、今から20年前、連立政権の首相を務めてましたが、「佐川急便」問題で政権を投げ出したんじゃなかったでしたっけ。(無責任極まりなかった)
 その後、別荘にて日がな焼物に没頭したり、エッセイを書いたり、「隠遁生活」を送っていると聞き及んでいましたが。。。
 細川氏が掲げる「脱原発」にしても、原発事故が発生してから今までそれについて何ら表立った発言もしてこなかったわけですし、今さら感と唐突感が拭えません。
(私個人は原発は段階的に縮小すべきと思いますが、それは国政が決める話であって、一自治体の首長選挙の主な争点ではないように思います)

 どういう意図があるのかわかりませんが。。。本人が乗り気だったというより、たぶん、後ろで糸を引いている人物がいるのでしょう。細川氏への支持を表明している人たちも胡散臭いですし。
 
 まあ、細川さんだけでなく、その他の立候補予定の方もあまり魅力ないというか、イマイチといいましょうか。人材不足の感あり。

 なんだかなあ。。。(´Д`;)という感じです。


 もっとも、石原さんの都政には、その傲慢な言動に以前から苦々しく感じていたので、石原さんとは違うベクトルの人で、刷新してほしいなという希望はあります。
 でも、結局選挙は組織票がモノを言うので、あまり期待はできないですね。「有権者」となって約20年が過ぎましたけど、いつも真面目に考えて、損をした・・・という思いばかりでしたから。




 いつも有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

山村に生きた武将たち~東の真田 西の大日方~(長野市立博物館)

 武田信玄の弟、信繁の墓参をした後、歩いて10分弱のところにある長野市立博物館(八幡原史跡公園内)へ行きました。
 長野市立博物館


 この日、川中島の戦い開戦460年記念特別展「山村に生きた武将たち~東の真田 西の大日方~」を開催中でした。(2013年11月24日で終了済)

 山村に生きた武将たち

 真田のほうはあの真田家なのですが、「西の大日方」というのは戦国時代現在の長野市の西山地方に勢力のあった豪族で、川中島合戦の頃には武田家の支配下にあったといいます。
 その後、江戸時代に入り、松代藩の本陣を務めていたそうで、ご子孫の方提供の資料が数点出ていましたが、大日方氏の概要はよくわからなかったです。展示を担当した学芸員の方も若干消化不良だったと言っていました。

 それでも、武田信玄・信繁、真田昌幸の書状や、上杉政虎(後の謙信)の「血染めの感状」等、見どころはありました。 
 中でも、北条氏の「黄八幡」の旗は貴重だったと思います。これは真田昌幸の弟、信尹(この人は後に徳川家の旗本になった)が戦利品として北条綱成から奪い取ったものだそうで、滅多に外に出ない資料だそうです。今回展示のものは保存状態も良かったです。
 これは北条氏ファンが見たら、垂涎の代物だと思いましたね。
 
 真田関係の展示ということで、広い世代の真田ファン、歴史ファンが見学に訪れていました。


              ※図録あり
 

 歴史関係の催しものの情報をお寄せください
 いつも有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

真田宝物館

 松代城から徒歩で数分のところに、真田宝物館があります。

 この博物館は、松代藩主、真田家関係の資料を多く所蔵し、また真田家関連の展示を行っています。
 多くの人は戦国武将、真田幸村目当てで立ち寄る傾向があるようですが、松代藩は幸村のお兄さんである信之の家系ですので、戦国時代の真田家に関する展示はわずかなのでがっかりしないように。
 真田宝物館


 この日は、「松代藩と黒船来航」という展示をやっていました。(12月2日で会期終了済)
 大河ドラマ「八重の桜」の最初のほうで、山本覚馬が佐久間象山の塾に入門するというストーリーがありましたので、それにちなんで今年は江戸後期~幕末の真田家についての展示をやっていたのです。
 嘉永7年(1854年)、ペリーが再来航した際、松代藩は横浜や品川の第六台場の警衛を担当していて、それに関する資料が展示されていましたが、個人的にはあまり面白さを感じませんでした。むしろ、図録のほうが参考になったかなあ、という印象です。
 まあ、幕末維新期の真田家は信州の各藩同様、官軍のほうについてしまうので(外様ですからね)、あまり特記することもないのでして。仕方ないのかな。
 

 来年(2014年)の春は、真田幸村に関する展示をやるみたいです。(乞うご期待)

 
  参考サイト 真田宝物館HP


 いつもご覧いただき、有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ                          

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。