スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【都知事選】みんなに都政を取り戻す

 7月28日(木)

 東急田園都市線 三軒茶屋駅
 うちの母は、戦時中、この町で生まれました。母の父である私の祖父は、このキャロットタワーのすぐ近くで商店を営んでいましたが、昭和20年3月の空襲により、店と自宅 および全財産を失いました。
 そして、戦後土地のトラブルに遭い、母の一家は泣く泣く隣区へ移転せざるをえなくなりました。
 自分が住んでいたわけではないですが、母の思い出話の中に、何度となく“三茶”の話が出てくるので、私にとってもなつかしく感じる町です。
 三軒茶屋

 先日、鳥越さんが三軒茶屋で街頭演説をするという情報を聞き、家からは遠かったのですが、聞きに来てみました。
 私鉄沿線の街にしては、本当に多くの聴衆がつめかけ、報道によると2500人くらい来ていたそうです。
 人々が公道にはみ出てしまい、警察官の注意を受ける始末。
 この界隈の人々のリベラルな気風は、自分にも大いに共感するところがあります。


  鳥越さん「自分の胸に問いました。お前はどういう気持ちで立候補するのか。私の中で答える声がありました。76年生きてきて、権力者や強い人に一度もおもねたことがない。弱い人たちのため、困った人たちのために51年間、報道の現場で走り続けてきました。これだけは皆さんの前でハッキリと言えます」
「今回、都知事選挙に立候補するにあたって葛藤もあったが、私は一貫して弱い立場の人、困っている人、悩みを抱えている人の立場で仕事をしてきた。たとえ都知事になっても、権力にもっておごり高ぶることは絶対にない。常に弱い人のために働きたい」
  力強く宣言した彼のこの言葉は、グッと胸に迫るものがありました。
 鳥越さん三軒茶屋1

 「公共事業や箱モノばかりをつくり、命をはぐくむことにあまりお金をつくってこなかった過去に終止符を打ち、モノから人にお金をかける。発想を変えましょう」

 この日、かねてから鳥越さんと親交のある作家の瀬戸内寂聴尼から届いたという
「あの“厚化粧”の人には都知事になんかなってほしくないです」というメッセージを澤地久枝さん(作家)が代読すると、聴衆からひときわ大きな歓声がわきあがりました。
 鳥越さん三軒茶屋2

 鳥越さん、忙しいさ中、三軒茶屋に来てくださって、本当に有難うございました。母に上の写真を見せると、とても喜んでくれました。



 鳥越さんは、 「住んでよし 働いてよし 環境によし 学んでよし」のスローガンを元に、
 「3つのゼロ すなわち 待機児童ゼロ、待機高齢者ゼロ、原発ゼロ」を公約に掲げました。
 
 公示直後、巣鴨での1分演説!の時は一体どうなることやら、ハラハラさせられましたが、やはり約2週間でここまでまとめあげてきた底力はすごいです。卓越したセンスが感じられます。
 悪質な選挙妨害にも遭い、厳しい戦いを強いられている鳥越さん。
 「非核都市宣言」をあえて公約に掲げたため、連合東京の組織的支援を受けられなかった鳥越さん。
 その男気には、心から声援を送りたいです。

 選挙権を得て、24年たちますが、自発的に街頭演説を聞きに行ったのは初めてです。
 これまでは、テレビの政見放送を見て、軽く選挙公報を眺めて、今思えば安直な投票をしていました。
 ネット等の情報は便利ですが、悪質なデマなども多いので、やはり実際の演説会などにも足を運んだほうがよさそうです。

 鳥越さんという魅力ある候補のおかげで、自分もこれまでの「傍観者」から一歩前へ進んだ気がします。
 候補を降りた宇都宮弁護士や古賀茂明さんはたしかに見識のある方ですが、一般の人がここまで心動かされるところまではいかなかったでしょう。
 17日間、本当にお疲れ様でした。
 最初に書きましたが、石原さん以来の猪瀬、舛添といった保守系都知事にはもうウンザリなのです。
 都民が将来的に良い選択をしていただけるよう、願っています。
 
 

  
スポンサーサイト

【都知事選】野党幹部揃い踏み 附マック赤坂乱入

 7月22日(金) 有楽町イトシア前

 この日鳥越さんの街宣には、野党の大物たちが駆けつけました。
 民進党・枝野幹事長 共産党・志位委員長、社民党・又吉幹事長、生活の党と山本太郎となかまたち・小沢代表、東京生活者ネットワーク・西崎氏の皆さん。
 
 ニュース番組等ではよく拝見しますが、生演説を聞くのは初めて。やはり党首クラスということで、皆さん演説がお上手で、思わず聞き入ってしまいます。特に、志位さんと小沢さんには風格を感じました。

 枝野氏の応援演説の後、鳥越さん登場。下の写真のように、和やかな雰囲気の中、演説が始まりました。
 鳥越さん有楽町1

 この日、特に鳥越さんは、ご自身の亡父について言いたかったようで、
「父は赴任先で陰湿なイジメに遭い、長く神経症を患っていて、自分が生まれた時、九州大の精神科に入院していた。一生、精神の病は治ることがなかった。
 そんな弱い父親が大嫌いで、生前ほとんど話をしたことがなかったが、父が73歳で亡くなり、葬儀の時、障害者5名が弔問に来て、その時母に聞いて初めて、父が晩年、障害者のための作業施設の運営に力を注いでいたことを知った」
 お父様が弱者のために、一身をなげうって生きてきたことを悟った鳥越さん。その父の血が自分にも流れていると。
 だから、弱者に手を差し伸べて、その人たちの声を聴き、応えるのだと、力強く語りました。
 人にやさしく、寄り添う政治を目指していることがひしひしと伝わってくる、そんな演説内容でした。

  最後に手に手をとりあい、聴衆の歓声に応える弁士の皆さん。
  先の参議院選からの、野党共闘の流れはぜひ維持していただきたいと思いました。
 鳥越さん有楽町2


 ところで。。。

 鳥越さんの演説が始まる直前、突然、脇のほうでファンファーレ?みたいな音楽が聞こえ、
 「マック赤坂」氏が乱入してきました。
 鳥越さん有楽町3

  鳥越さんに何か呼びかけていましたが、鳥越さんは演説が終わると、すぐにいなくなってしまい、
  この方だけが残されました。私もしばらくそこにいたのですが、何を言いたいのか、よくわからなかったため、途中で帰路に着きました。
 マック赤坂さん

 後でこの方のご経歴を見ると、京都大学卒だそうで、鳥越さんの後輩ということらしいですね。


   当日の演説内容はこちら↓
  

【都知事選】鳥越さん 報道陣に囲まれた! in中野

7月21日(木)

 この日、鳥越さんは中野駅北口に街宣に訪れました。
 事前に応援弁士が決まらない、などとネットの書き込みを目にしたので心配していましたが、共産党から田村智子さん 民進党からは中野区が地盤の長妻昭さんが駆けつけました。
 
 長妻昭さん

 演説中は小雨模様。小雨に肩を濡らしながら、多くの人々が鳥越さんの訴えに耳を傾けました。中野駅のホームからも、あえて電車を乗りすごし、演説に聞き入っている方たちが少なくなかったです。
 私のななめ前方に保育士の集団がおられ、手作りのプラカードなどを持って、演説を聞いていました。やはり、待機児童問題は切実のようです。
 
 鳥越さん中野1
 午前中、老人福祉施設を訪れたという鳥越さんは、団塊の世代の人が85歳くらいになった時、介護問題の危機が迫っているという事をお話されました。
 前回よりも、口調に自信が出てきた印象です。往年のカンが戻ってきた感じがしました。
 
 しかし、渋谷、新宿といった大ターミナル駅前でもないのに、報道陣が異様に多い。陣取る報道陣たちの背後にいた私は、これらの写真を撮影するにも、爪先立ちしなければならないほどでした。
 
 鳥越さん中野3

 多くの報道陣がいた理由は、週刊文春に例のスキャンダル記事が載ったからなんですね。
 街宣後、鳥越さんを報道陣が囲んでしまい。。。
 何を言っているのか必死で聞き耳をたてましたが、喧噪にかき消され、ほとんど聞こえなかったです。
 鳥越さん中野2

 聴衆の中には女性の姿も多く見られましたが、鳥越さんは「官邸に嵌められたんだ」という同情的な声も聞かれました。私も同感です。
 その後、鳥越さんは関係者に連れられワゴン車に乗り込み去っていきましたが、なかなかその場を立ち去らずに、名残惜しそうに見送る聴衆も多かったです。
 鳥越さん中野4


 週刊文春を買って、読んでみましたけれども、当事者の女性が証言しているわけでもなく、信ぴょう性に疑問を感じました。
 鳥越さん自身、脇が甘かったところもあったかもしれませんが、悪意に満ちた記事であることには違いありません。
 権力側は、我が利権を守るためなら、手段を択ばないのだということを、改めて実感させられました。

 心無い誹謗中傷を受けた鳥越さんの姿を拝見し、大変気の毒に思った私はいつの間にか、、戦地へ赴く息子を見送る母親のような気持ちになっていました。
 鳥越さんは私の親世代なのに、不思議な感覚です。


   当日の演説内容はこちら↓
  

【都知事選】鳥越さんと4人のマドンナ議員

 7月20日(水)

 先日の巣鴨における鳥越さんの街宣を拝見し、「鳥越さん、本当に大丈夫なんだろうか?」という不安が私の頭を過りました。
 やはり、官僚経験のある古賀さんや、ベテラン弁護士である宇都宮さんの方が良かったんじゃないだろうか などと、ついつい思ってしまいました。
 その不安感を、うちの主人に言ってみたところ、
 「まあ、最初のうちは難しいだろうけど、鳥越さんって地頭は良いだろうから、そのうち大丈夫なんじゃね」というのです。

 巣鴨では、鳥越さんの具体的な話が聞けず、少々モヤモヤした思いがあったことから、20日にJR品川駅港南口で演説するという情報をキャッチしたので、行ってみることにしました。

  夕方、現地へ行ったところ、すでに多くの聴衆がいて、応援弁士の演説が始まっていました。今日の弁士は4人とも野党女性議員がそろい踏みとのこと!これまで、ポスターやニュース映像などでしか見たことがなく、初めて先生方のナマのお姿を拝見します。
 鳥越さん品川1

  一番目は共産党の吉良よし子さん。
 小柄な体ながら、若さがはじけている感じ。すでにご自身も一児の母親でもあり、現在お子さんを保育園に預けているとおっしゃっていた。待機児童の問題や、若い世代が生きにくい社会というご指摘でした。
 吉良よし子さん


 二番手は、民進党の辻元清美さん。大阪から来てくれたそうです。
 彼女は大阪の人なのに、東京大空襲の話をしてくれました。実は、私の母方実家は都内で空襲被害に遭っており、大空襲の事に触れていただいたことにジーンとくるものがありました。
 辻元清美さん


 三番手は、今回の参議院選挙で無事当選された共産党、田村智子さん。
 彼女は落ち着いた物腰、さながらベテラン女性アナウンサーという風情。(実際、アナウンサー経験はないようです)
 昨年、新国立競技場の建設問題で、民進党の山尾しおりさんと共に下村大臣を追及したと言ってました。なんでも、国の予算が足りなければ東京都が出すんだという密約!があったんだとか。

田村智子さん


  トリは民進党、山尾しおりさん。元祖「アニー」 東大法学部卒の才媛。
  彼女も専門である待機児童の問題をおっしゃっていた。この問題を解決するには、主要3候補の中で鳥越さんしかいないと断言していた。
 山尾さんが国会で待機児童問題を取り上げる際、保育園などの視察に自民党議員は一人も来なかったと言っていました。
 山尾しおりさん


 やっと鳥越さん登場!(パチパチ)
 この日の昼間、世田谷区の保育園を訪ねてきたそうで、現場の保育士さんから色々話を聞いた。
 男性保育士さんの待遇について、給与が13万円で、なかなか所帯も持てない。保育の現場は苦しい状況になっているということを強調していました。
 そして、彼のキャッチフレーズである
 「住んでよし 働いてよし 環境によし」に、「学んでよし」を付け加えると宣言していました。
 鳥越さん品川2

 演説が終わると、多くの聴衆から握手を求められていました。やはり、人気者といった感じがします。
 鳥越さん品川3

 ギャラリーの歓声に両手を挙げて応える鳥越さん。
「是非皆さん、私の背中を押してください 私の声を聴いてください 皆さんの声を私に寄せてください!」
 少しずつ、演説の内容が固まってきた感じでした。
 また、関係者が鳥越さんをやや強引に連れ去ってしまい、残されたギャラリーは皆名残惜しそうだった。
 鳥越さん品川4


  この後、鳥越さんは4人のマドンナ議員と共に蒲田へ。
  私も京浜東北線に乗り、蒲田へ行ってみました。
  演説内容は品川とほぼ同内容だったが、場所柄、町工場の話題を入れるなど工夫がみられた。
  品川よりも、聴衆からの声援、拍手が多い印象でした。
  鳥越さん蒲田


 ※街宣内容は、私の個人的な主観を書いているだけなので、詳細を知りたい方は、鳥越さんのHPや、ツイッターなどをご参照ください。
 7月25日、一部抜けていた写真と文章を追加しています。


【都知事選】鳥越さんを応援した森進一さん

 7月18日(祝日)

 来る7月31日(日)に、東京都知事選挙が行われます。
 周知の通り、舛添さんが政治資金を私的流用していたのが発覚し、辞任したことに伴うものです。
 石原さんから始まり、猪瀬さん、舛添さんといい、都政の停滞を招いた保守系の知事はもういい加減にしてくれ!!、というのが私の率直な感想です。

 公示日まで、さまざまな候補者の名前が挙がりましたが、私はその中でも、民進党都連が推していた評論家の古賀茂明さんが適任ではないか、と思っていました。
 しかし、大人の事情で、野党統一候補として、有名キャスターの鳥越俊太郎さんに決まりました。

 連休の最終日(18日)、巣鴨駅で乗り換えようとしていたところ、どこかの人が「鳥越さんが来るんだってよ」と話をしているのを耳にし、時間もあったので、街頭演説でも聞いて帰ろうかと思い、ガヤガヤしている巣鴨地蔵通り商店街の方へ行ってみました。

 すでに、ご年配の方たちを中心にギャラリーも集まり、地元都議の方たちが演説しておられましたが、ご本人はいっこうに現れず。。。

 待つこと20分弱  「鳥越俊太郎」の幟をたてた一群が突如現れました!
 鳥越さん1


 群衆とお付の人々に囲まれ、なかなか鳥越さんに辿りつけない私。
 鳥越さん2

 なんとか、鳥越さんに辿りつきました。支持者の方と堅い握手をかわしています。
 実はこの時点で私は全然気づかなかったんですが、下の写真の右端の黒メガネをかけた男性。
 なんと、この方、演歌歌手の森進一さんだったんですね。
 鳥越さん3


 あまり良く撮れた写真がなかったので、トリミングしてみましたが、どこかの関係者?の男性かな、ぐらいにしか思わず。
 森さんですが、鳥越さんより数歳若いはずなのに、頬は痩せこけ、あまりの老化ぶりに、私が映像等で知っている森さんの姿と全然結びつかなかったのです。
 森進一さん

 群衆の中をかいくぐり、やっとお立ち台へ到達した鳥越さん。
 いったい、何を話すのかと思ったら、「みなさん、あの森進一さんだよ。森さんが来てくれました」と、森さんの紹介をしただけで、たった1分でお話終了(笑)
 鳥越さん4

 森さんにマイクがわたったのですが、鳥越さんを応援する旨の説明の後、、「えりも~♪ オケがないので。。。(汗)」と言って、2分くらいでお話終了(笑)
 鳥越さん5


 そして、黒っぽいワゴン車がやってきて、あっという間に鳥越さんと森さんは姿を消してしまいました。
 残されたギャラリー、茫然。。。

 後で報道で知ったんですが、鳥越さんたち、この後「鳥越神社」で必勝祈願をしたそうですね。
 
 スケジュールの事もあったのでしょうが、もう少しお話されたほうが良かったかも、と思います。
 また、鳥越さん本人よりも、周りのお付の人たちのほうがピリピリしてる印象がしました。
 
 しかし、巷では癌サバイバーである鳥越さんの健康状態を心配する声があがっているそうですが、私が見たところ、鳥越さんの方がはるかにお元気そうで、むしろ森進一さんの健康状態の方が心配になってきました。ご様子を見た限りですが、どこかお悪いのではないかと思ってしまいました。
 やはり、実際目にしてみないと、報道やネットの情報だけではわからないですね。。。


謹賀新年 2015

 あけましておめでとうございます。
 今年も宜しくお願いいたします。

 昨年7月から更新が滞っていましたが・・・なんとか元気にしております。
 というか、慣れない仕事をしていたら、精神的にかなり疲れてしまいまして。。。ブログに手が回らなかった、というのがホンネです。
 
 しかし、ブログを長期間放置していて、ふと気づいたらなぜかテンプレートも崩壊!しており、一からやり直しです。

今日は家にいて、箱根駅伝などを見てゆっくり過ごしていたら、さっき職場から電話が・・・。なので、自宅から少しだけ仕事をいたしました(泣)

 今年は多少更新できるといいのですが。
 宜しくお願いいたします。

松岡直也さん逝去

 先日、妹からメールが来て、「松岡直也さんが亡くなったよ」というのです。にわかに信じられず、茫然としてしまいました。

 4月29日、作曲家、ピアニストの松岡直也さんが亡くなりました。
 たしか、中学生の時、FMを聞いていて、たまたま松岡さんの曲が流れていて、CDを買い求め、20代の頃は何度かライブや、公開収録にも行きました。短い間でしたが、音楽業界へ就職したのも7割くらいは松岡さんの影響が大きいと思っています。

 FMから流れてきて、はじめて松岡さんの名前を知った・・・「FREE VOYAGE」
 
 

 ここ2か月くらい、久しぶりにライブ情報等知りたいと思って、公式HPをチェックしていたりしたのですが、虫の知らせだったのでしょうか。
 実は10年以上闘病されていらしたということで、親しいミュージシャンの方たちにも病気の事は知らせなかったそうです。享年76歳・・・願わくばもう少し長生きしていただきたかったです。
 音楽生活60周年記念のライブへ行っておけばよかったと後悔(泣)。訃報を知った当日は茫然としましたが、時間がたつにつれ、悲しみが増すばかりです。

 今日がお通夜、明日が告別式ということですが、松岡さんの数多い曲の中でも、この曲で追悼したいと思います。
 一般的には「ミ・アモーレ」や「ハート・カクテル」が有名ですが、私的にはこちらが一番お気に入りの曲です。

 

 素敵な曲の数々を、本当に有難うございました。



 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  

テーマ : 死亡記事
ジャンル : ニュース

疲労困憊(近況)

 ここのところ、少々忙しくて、疲労困憊、といった感じです。
 今日、2週間ぶり?くらいにブログにログインしました。
 すごいクタクタなのですが、なぜか??ここ3、4年出ている花粉症の症状からは免れているのが不思議です。

 

 誰か助けてくれ~  ヽ(´Д`)ノ

 せっかくアクセスしてくださった方々、申し訳ございません。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。